医療脱毛の治療や施術

医療脱毛の治療効果とは

医療脱毛とは、一般的にクリニックで行うレーザー脱毛のことを言います。レーザー脱毛は、医療用レーザーを使って脱毛する方法で気になる部分にレーザーを照射することによって、熱エネルギーに変えて毛根などを壊して脱毛するという効果を得ることができます。脱毛サロンで行われる光脱毛よりも、出力の強いレーザーを使用してるため高い脱毛効果を得られます。その分痛みは強いという特徴がありますが、冷却したり麻酔薬を利用することで痛みは軽減可能です。脱毛力が強い分だけ光脱毛よりも、脱毛期間を短くすることができる、永久脱毛することができるなどのメリットがあります。また、クリニックで行うことで、医師が肌の状態を見てもらいながら脱毛してもらえるもオススメのポイントとなっています。

医療脱毛の施術の流れ

クリニックでの医療脱毛の流れとしては、来院したら専門のスタッフや医師・看護師がカウンセリングを行います。カウンセリングでは、患者の悩みを元に施術内容を決めたり、施術の説明などを行ってもらえます。カウンセリングが終わったら、脱毛施術が始まります。患者のコンディションなどを確認しながら行っていきますが、一般的に全身脱毛なら1~1.5時間程度かかります。脱毛後は、医療機関だからこその医薬品を使ったケアを行ってもらえます。また、万が一火傷などのトラブルがあったとしても、医療機関ですのですぐに対処してもらえます。近年では、クリニックでも体験キャンペーンなどを行っているため、それを利用してから施術してみるのもオススメです。

© Copyright Skin Treatments Performed. All Rights Reserved.