赤ら顔対策の治療や施術

美容皮膚科での治療法

美容皮膚科など専門的なクリニックで赤ら顔の治療を受ける場合は、光レーザーを照射して症状を改善していきます。そもそも赤ら顔は毛細血管が原因となっており、血管が拡張して血流が増える事で皮膚の表面から血液の色が透けて見えるようになっているのです。人によって症状は違うので治療する回数も人それぞれですが、基本的には数回に分けてレーザーを照射していくと毛細血管の拡張が正常な状態になっていきます。一時的な赤みやほてり、腫れ、内出血などを引き起こす事もありますが、照射後にすぐに肌を冷やすようにすると副作用が現れる事もありません。拡張した毛細血管を根本的に治療していく方法なので、少し費用はかかりますが効果は期待出来ます。

家で改善させる方法もある

美容皮膚科での治療よりは効果は劣りますが、自分でケアして改善させる方法もあります。赤ら顔は毛細血管が正体ではありますが、スキンケアや化粧品、日頃の生活習慣で症状を悪化させているケースもあります。まず肌に負担をかけない優しい洗顔は基本で、クレンジングにしても洗顔にしても極力肌を擦らないよう、優しく洗い上げます。洗顔後はすぐにたっぷりの化粧水をつけるようにし、乳液やクリームで油分を補って肌に潤いを与えておきます。またホルモンバランスの乱れも赤ら顔の症状を悪化させるため、インスタント食品などに頼らず栄養バランスの良い食事を心がける、たっぷりの睡眠時間をとるなど規則正しい生活を送って体の中から調子を整えていく事も大切です。

© Copyright Skin Treatments Performed. All Rights Reserved.